成城大学合格 蕨高校卒業 品田桃子


私は、小学校の時から朝日学習館で英語を習っていました。英語を早くから始めたことが、中学・高校で英語を得意科目にすることにつながったと思います。大学受験では、文系でも理系でも英語が必要なので、高校受験が終わって高校に入学してからも、この塾に通うことに決めました。高校2年生になって進路を決めるとき、語学を勉強したいと思って文系に進みました。私が受験した学部では、英語の配点が高かったので、かなり有利でした。小学校の時から、英検に向けて積み重ねてきた勉強が大学入試の英語の文法や読解力など、すべての基礎になったのだと思います。実際、センター試験などの過去問題集を解いていると、塾でやった覚えのあるものもかなりありました。学校でもいわれましたが、英語は基礎が出来ていないと、上に積み重ねていっても、崩れてしまうと思うし、逆に早くから基礎をしっかりやっておけばだいたいのことは、できると思いました。

私が本気で受験対策を始めたのは、高校3年の夏休みからでした。3年の始めからやってはいたけど、なかなかはかどらず、夏休みに入ってしまい、周りの子が勉強している姿を見てとても焦っていた時に、塾で受験の予定表を書きました。その前に自分で作った予定表は、細かすぎて守る事が出来なくなってしまい、すぐに挫折してしまいました。でも、塾での予定のほうは、月ごとの予定だったので、大変だと思ったけれど守れたと思っています。

それから、塾で昔からやっていて役立ったと思ったのが復習です。やっていたときは面倒だと思いました。けれども、いまになってみると、同じ事を何度も繰り返すことによってただの丸暗記ではなくなり、似た問題が出たときに応用する力がついたのだと思います。受験で新しく覚えなければならない事がたくさんあっても、問題集などの復習は必ずやっていました。そのおかげで、効率よく勉強できたと思っています。私は、この塾を続けてきて本当に良かったと思います。

 平成154