パズルを通して!

習ってないから出来ないから、習ってないけど出来るへ!
 
 習ってないから出来ないから、習ってないけど出来るへ! 

気づきと創造力こそ人の砦!

「手取り足取り」は、子どもたちの自ら感じ考え生きる力を奪ってしまう。

子どもたちが五感を使い自ら見たり触ったり描いたりし、気づいて学ぶ力を育むことは、

周囲の大人が助太刀しないことが、スタートラインである。
 
 当館のパズル教室は、教えないことを旨としている。教えないことは、教えることより難しい!
 
 
教えたことは、生徒の中に記憶として残り、気づきは思考回路として残る。

 そのような意味において、幼少期から、習っていないことを利用して物事を考える学習習慣の育成の意義は大きい。
 
 読まなければ教えない!

 工夫しなければ教えない!

 絵を描かなければ教えない!

四谷大塚 全国統一小学生テスト 全国一位 連続5回 達成!

学びのスーパーアスリート育てます。

 
 朝日学習館 塾長 梶原賢治