東北大学 物理学科合格 日大豊山高校卒業 前田数馬


 僕は、中3で英検準2級、高2で英検2級に合格しました。

英検を受ける事が僕の大学入試の英語の勉強にどのように影響したかを話したいと思います。これは、これから英検を受ける余裕があるであろう中学生と高校一、二年生に向けての話です。受験生の方は自分の学習計画をしっかりと作り実行してください。

 まず英検の制度について話します。僕の思う英検の良い所は、試験に合格する事で「級」なるものを得る事ができるというところです。みなさんの中には学校の勉強が嫌いだ、苦手だという方も多いのではないかと思います。僕も好きではありません。しかしこの「級」を得るという事で良い気分になったり、これを友達と競い合ったりしているうちに、自分の中に英語の力が定着してきたのです。つまり、この英検の「級」をひとつひとつと取ることが、みなさんの英語嫌いを、たいした苦労を伴わずに、解消してくれるということです。英語嫌いだった僕は、こうしてこれを克服しました。

 英検の問題は「級」が上がるにつれてその難度が上がります。そして、「準一級」では、いわゆる難関大学のうちでも特に英語が難しいとされる大学と同等か、またはそれ以上の難度を示すと思います。そして英検の目的が言うまでもなく「英語技能の向上」である通り、その問題集は沢山の良問の山であるといえると思います。

以上より、例えば高校2年生までに「二級」レベルの力をつけておけば、ある程度容易に大学受験の英語の問題を解けるようになると思います。因みにこの例は僕の場合であります。

 英検について二つの事を話しましたが、これらが僕にどのような影響を与えたのかまとめてみますと、前者が僕を英語に親しませて、後者が僕に受験英語を解いて行くための土台を作ったのです。つまり、英検の勉強が今の僕の英語の力の基にあるのです。これで話をおわります。

 平成15316